January 13, 2021 | 23:52

Not All The Same! あとがき

 本当は昨年末リリースの予定で進めていたのですがなんやかんやでこのタイミングになりました。

 クレジットが明記されていない部分について少し触れるとマスタリングは Day of the droids (以下DOTD) を運営している Autopsy Protocol と(たぶん) Amph、アートワークは僕です。アートワーク悪くはないけど今見るとちょっと作り直したいな……

 去年の夏頃 Autopsy Protocol から誘われたのがきっかけで、もともと個人でEPを作る予定があったのでそれを出させてや、という感じで話が決まるのは早かったです。

 DOTDはブレイクコアのレーベルというイメージが強く実際間違っていないのですが、このEPはブレイクコアと言われて想像するそれではないと思います。 4曲とも違うアプローチで作ったもので、それでもこう並べてみるとなんとなく統一感というか連続性というかが生まれるのがミクスチャーの興味深いところです。 一曲一曲は短いので物足りないかもしれませんが通して聴くと面白いと思います。 こんな変化球を投げつけたのに喜んでくれた彼らには本当に感謝です。

 “Not All The Same” というタイトルには色々な意味があって、先述の通りどれ聴いても似たり寄ったりなミュージシャンちゃうぞ、というのと、あと僕はどこに行っても異邦人なんで……自意識過剰な被害妄想かもしれませんが。 同質性について考えろ、とかまあそういうことです。結論はまだ出ていません。

 この作品(に限らずDOTDの全リリース)はただ無料なわけではなくて CC BY-NC-SA 3.0 のライセンスの基で配布されています。 雑に言うと一定の要件を満たせば再配布もリミックスも自由にやってよいということです。 DOTDはフリーカルチャー精神を持って運営されていることもあり、このあたり意識してやっているみたいです。 僕もこの理念には共感できますし、原則通りこの作品についてはそっくりそのままでの転売とクレジットを書き換えての転載(この二つは明確にライセンス違反)以外はどんな形での二次利用も許可する形にします。 NCが付いてるCCライセンスは厳密にはフリーカルチャーライセンスではないけど、荒稼ぎする気なら俺らも貰うで、とかそういう感じちゃいますかね……僕はそういう意味で使ってました……

 インディーズの音楽シーンではライセンスを多少意識したところで実際的には殆ど何も変わらないのですが、スタンスの表明として明記しておいても損はないかと思います。 去年出したアルバムもしれっと後付けでライセンスを変更しています(いいのか?)。 CDの在庫がなぜかまだ沢山あるのでできれば買って頂けると嬉しいです。 買え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 久しぶりに3行以上の文章を書いて疲れたし、DOTDのBandcamp上のトラックリストと僕が送ったそれと微妙が違う(表記揺れの範疇なのであまりうるさく言ってない)ということもあるので、トラックリストを結び代わりに記しておきます。 気にする人はDL後メタデータを変えておいてください。

TohLPeaks - Not All The Same!

  1. Abandoned
  2. Obsessed
  3. istillhateeverything
  4. youneedtoshutthefuckup

Powered by Hugo & Kiss'Em.